芝生(日本芝)の種類
スポンサーリンク

芝生(日本芝)の種類

一概に芝生といってイメージするのは、ゴルフ場のような芝生でしょうか!?

 

芝生にはいろいろな種類がありますが、大きく分けるとこの2つ!!

 

■日本芝(暖地型)・・・・・(暑さに強い)

 

■西洋芝(寒・暖地型)・・・(寒さに強い)

 

西洋芝の種類には、基本的には、寒さに強いものですが、西洋で品種改良され、暑さに強いタイプ(バミューダグラス類・ティフトン類・ウィーピングラブグラス類)も開発されています。

 

おっちゃんサラリーマンのお庭では、日本芝(高麗芝)を張っているので、「お手入れブログ」の内容は、高麗芝の生育状態を記載しています!!

 

日本芝

日本芝には、「高麗芝、姫高麗芝、野芝」の3種類があります!

 

日本の高温多湿な気候に一番合っているので、寒い地域を除いては、大半が日本芝で、ホームセンターに売っているのも日本芝がほとんどです!!(高麗芝・姫高麗芝)

 

高麗芝

一番多く使用されているのがこの高麗芝だと思います!!

 

一番育てやすい日本の気候に合った芝なので、ホームセンターには、高麗芝が一番多いと思います!

 

寒暖地型の芝なので、寒い地域では、向いていないです!

 

なので、北海道は、もとより、東北地方の寒い地域には、向いておらず、それ以南の地域には適しています!!

 

大きく分けるなら、関東より西は、間違いなくこのタイプでしょう!!

 

野芝よりお手入れがかかるかもしれませんが、頻繁な芝刈りによって、密度の濃い、きれいな芝生をつくることができます!!

 

ゴルフ場なども、この高麗芝使用されているところが多いと思います!!

 

出穂:春

姫高麗芝

高麗芝よりも葉の幅が細く、密度が濃く、柔らかい葉で、きれいな芝生に見えるのが特徴です!

 

成長が著しいので、芝刈り等のお手入れが苦手な方は、不向きかもしれません。

 

しっかり、お手入れすると、とてもきれいな芝になるのが特徴です!!

 

出穂:春と秋

 

野芝

日本で広く自生している芝といってよいと思います

 

手入れのあまりできない公園やゴルフ場の斜面、ラフなどで、使用されていることが多いです!!

 

成長が緩やかなので、手入れが比較的楽ですが、芝の密度が荒いので、きれいだなぁ~と見えるには、かなりの広さがなければ難しいかもしれません。

 

 

※ 芝生(西洋芝)の種類について

スポンサーリンク
おすすめの記事