芝生の害虫
スポンサーリンク

芝生の害虫

芝生も土と共存する植物ですし、屋外での芝生管理ですから、必然的に害虫との付き合いも切り離すことができません

芝生に良くない害虫もいますので、幼虫や虫がいれば除去しておきたいですね!!

また、芝生の緑の葉っぱに、白いものがついていて、なんだろう?って思ったときにもその部分は、取り除いておいた方が、病気予防の観点からも良いと思います!

害虫の成長は、思った以上に早いです!!

おっちゃんサラリーマンも1週間何もしなかったら、たまたま害虫に・・・・

なんてことも過去にはありました!

何事も早め早めの行動が、被害を最小限に抑えてくれます!!

おっちゃんサラリーマンの害虫対策については、下の方を確認してください!

害虫の種類

シバトツガ

こいつは、おっちゃんサラリーマンの庭では、一番よく見かけるやつです!

幼虫時期に、芝を食う害虫になります!

シバトツガ幼虫

幼虫期間は、およそ30日間で、この間、芝生の葉を食していくので、ひどい時には、芝生が病気になったかと思うこともあるようです!!

幼虫がいると思って、芝生を、よくよく見ていないと、気が付かないかもしれません。

シバトツガ成虫

成虫になると、ほんとに良く庭で見かけるもので、年に3~4回発生します!

身体の細い蛾のようなやつです!

近寄ると飛んで逃げていきます。

成虫は、摂食活動は行わず、夜間活動する。

昼間は庭の樹木や芝草地に潜んでいます。

羽化して1~2日後に交尾し、1雌当たりの産卵数は150個前後で芝地に産み落とす、非常に厄介者です!!

成虫の寿命は5~7日程度。

シバトツガの防除について

基本的には、芝用殺虫剤の使用になります。

薬剤散布前に芝を刈りこんで、幼虫が盛んに活動する夕方以降に散布すると効果的に防除できます!

(殺虫剤参考)
・トップチョイスフロアブル
・リラークDF
・シラトップEW

ドウガネブイブイ

年1回の発生ですが、幼虫期に芝生の根っこを食害する厄介者です!

ドウガネブイブイの幼虫

幼虫期が長く、大きくなると25mm程度になりこれくらいになると、食害被害が大きくなります。

比較的高温になる時期に活発に活動し被害が出やすいです。

ドウガネブイブイの成虫

20mm前後の黒銅色のコガネムシです。

成虫は、6月中旬から9月下旬に見かけます。

夜行性で光に集まりやすく、寿命は、30~45日程度。

ドウガネブイブイの防除について

基本的には、芝用殺虫剤の使用になります。

幼虫期間が長いので、何度か薬剤を散布するとより効果が高いです。

毎年同じ場所で被害が出やすい傾向があることから、予防的に残効性のある登録薬剤を散布すると効果的です。

(殺虫剤参考)
・タフバリアフロアブル(幼虫防除)

スジキリヨトウ

1年間に3~5回発生します。

幼虫期に芝生を食害する害虫です!

スジキリヨトウの幼虫

幼虫期に、芝生の葉先から食すので見つけたら駆除してください!

食害により、芝生の葉先が、白っぽくなるので、それを見つけたらスジキリヨトウの幼虫の疑いがあります!!

大きな幼虫になると30mm程度。

スジキリヨトウの成虫

1卵塊当たり100~500粒程度!!

これはやばい数ですね!!

成虫の寿命は5~10日程度

スジキリヨトウの防除について

基本的には、芝用殺虫剤の使用になります。

薬剤散布前に芝を刈りこんで、幼虫が盛んに活動する夕方以降に散布すると効果的に防除できます!

(殺虫剤参考)
・リラークDF
・シラトップEW

シバオサゾウムシ

ゾウムシ類(甲虫)の一種です。

幼虫期に芝生の根を食害する!!

成虫になっても新芽などの地上の葉も食害する厄介者です!!

成虫は5月中旬から10月上旬まで発生します!

シバオサゾウムシの幼虫

卵から孵化後すぐに芝の根っこを食害し始める悪者!!

幼虫期が長いので、結構厄介!!

当然大きくなると食害する量は増えます!

10mm程度まで大きくなる。

高温時期に活発になる性質あり。

成虫発生のピークは8月頃ですが、幼虫期と成虫期のどちらでも越冬する個体がいるため、年間を通して幼虫も成虫も確認できる嫌な奴だ!!

全然、関係のない話ですが、ゾウムシの口か角かわかりませんが、私が子どもの頃に、手に持っていて、これに指をさされて(穴をあけようとする)、ものすごく痛かったの記憶があるので、手で触らないようにしています!!www

シバオサゾウムシの成虫

成虫は体長10mm程度の薄茶褐色のゾウムシです!

日中は、地際、夜間は、芝生の上を活動する。

成虫寿命は、20~30日程度

芝生の新芽などを食害するので、見つけたらすぐに除去してください!

成虫は摂食するため寿命が長く2~3ヶ月程度!!

羽化後1ヶ月は産卵しませんがそれ以降は、毎日数個ずつ芝の茎に穴をあけて産卵するので本当に厄介者だ!!

もし、何匹も見かけるようなら、早めの防除が被害拡大にならずに済みます。

シバオサゾウムシの防除について

基本的には、芝用殺虫剤の使用になります。

(殺虫剤参考)
・タフバリアフロアブル
・リラークDF(成虫対象)
・シラトップEW(成虫対象)

※その他にも害虫は、いると思いますが、おっちゃんサラリーマンのお庭で見かけるのは、この辺りの害虫がほとんどです!!

おっちゃんサラリーマンの害虫対策について

おっちゃんサラリーマンの庭では、害虫対策は、特にこれといってしていないのが現状です!!

小さい子どもたちが、芝生で遊ぶので、気持ち的にあまり使いたくないというのが正直な気持ちです!!

まず問題ないはずですが、気持ち的なものだけです。

なので、実際には、結構な害虫がいるものと推定されます!!

害虫がいるせいか?日々、青い鳥や白い鳥、スズメなどが虫をついばみに来てくれているようです!!

おっちゃんの仕事を鳥がやってくれている・・・www

スズメは、芝生の新芽をついばみに来るという話を聞いたことがあるので、スズメが来た場合には、音を立てて追い払いますが、青い鳥や白い鳥などは、虫を食べてくれているようなので大歓迎で見ています!!

スズメの天敵?は青い鳥のようで、青い鳥がスズメを追いやる姿も何度も見たことがあります!

なので、おっちゃんサラリーマンの庭には、スズメは、たまにしか来ません!

また、カエルも何匹かいて、虫をたべてくれているようです!

特に何もしていないとはいうものの、虫や幼虫を見かけた場合は、除去するようには心がけています!!

スポンサーリンク
おすすめの記事