10月の芝生のお手入れ
スポンサーリンク

10月の芝生のお手入れ

生育が一気に鈍ってくる時期となります。

 

芝刈りも中旬に一度行えば刈収めとなります!

 

寒い冬の外気温から芝の根を保護するために、最後の刈り込みは、少し長めに刈り込むと良いようです!

 

お手入れ種類 内容
生育 生育は急激に鈍ります。

葉の色は、特に変化ないが、葉の成長はほとんどなくなります。

雑草除去 芝生の成長は鈍りますが雑草はまだまだ生育旺盛です。

雑草が目立つ時期になりますので、除去する必要あり。

芝焼き ×
エアレーション 可能
芝刈り 中旬頃に、芝刈りすれば、刈り納めとなります。

少し長めに刈ることで、冬の寒い時期から根の保護につながります!

水やり 芝生地表が、乾燥しているようでなければ、特段必要なし。
肥料やり 必要

窒素分10%程度の化学肥料を適量撒いておきたい。

(撒く量は、肥料の袋に記載されているはずですので確認してください)

肥料の撒き村に注意してください。

芝張り
目土入れ エアレーション実施した場合は、乾燥防止で目土を入れてください。
病虫害対策 被害が出るようなら対応必要。

スジキリヨトウ・シバツトガなどの害虫発生の可能性あり。

■ 9月の芝生のお手入れ

■ 11月の芝生のお手入れ

スポンサーリンク
おすすめの記事