3月の芝生のお手入れ
スポンサーリンク

3月の芝生のお手入れ

凸凹面が見受けられるようであれば、目土入れ等の更新作業を実施することが良いと思います。

 

必ずしないといけないというわけではありませんが、綺麗な見た目密度の濃い芝を作成するためには、凸凹は修正した方が良いと思います。

 

目土入れのデメリットは、グラウンドレベルがどんどん高くなるので、1回1回は薄く入れることが理想です!

 

お手入れ種類 内容
生育 休眠終了の時期

活動開始の時期となります。

高麗芝等は、茎が起き始めてきているかチェックしてみてください。起き始めていれば、早めの更新作業(エアレーション等)実施が理想。

雑草除去 雑草が急激に増えたように感じる時期

小さいうちに、気が付いたら除去しておくと管理が楽です!

芝焼き ×

(※冬枯れが3月迄続いている寒い地域なら芝焼き可能(早いうちに))

エアレーション 3月中旬くらいから実施がオススメ
芝刈り 不要
水やり 基本的には不要

ただし、肥料やりを実施した場合には、表面が過乾燥にならないように散布が理想です。

肥料やり 必要

窒素分10%程度の化学肥料を適量撒いておきたい。

(撒く量は、肥料の袋に記載されているはずですので確認してください)

 


 

※肥料のやり過ぎは根を傷めたり葉焼けトラブル原因となるので注意。

 

芝張り 芝を張ったり張り替えたりするには、最適な時期です。
目土入れ 必要により3月中旬くらいから実施が良いと思います。
病虫害対策

実際の被害はないと思いますが、害虫の幼虫が地中には越冬していると思って間違いないでしょう。。。

■ 2月の芝生のお手入れ 

■ 4月の芝生のお手入れ

スポンサーリンク
おすすめの記事