9月の芝生のお手入れ
スポンサーリンク

9月の芝生のお手入れ

少し、生育が衰えた感じを感じる時期かもしれません。

 

外気温が下がると、少し生育が鈍ってきたのを感じるかもしれません。

 

天候をみて、施肥と水やりを行ってください!

 

しっかり、栄養を与えておくことで、越冬後の春の芝の元気に差が出ると思われます!!

 

お手入れ種類 内容
生育 中旬までは、生育は旺盛。

中旬以降は、生育が鈍ってきます。

雑草除去 雑草の発芽も盛んな時期です。

まだ、除草作業が必要です。

芝焼き ×
エアレーション 中旬以降、涼しい時期になれば実施可能。
芝刈り 1~2週間に1度の芝刈り
水やり 中旬以降は、水やりを減らしてOK
肥料やり 必要

窒素分10%程度の化学肥料を適量撒いておきたい。

(撒く量は、肥料の袋に記載されているはずですので確認してください)

肥料の撒き村に注意してください。

芝張り
目土入れ エアレーション等した場合は、目土をいれて乾燥防止してください。
病虫害対策 芝生の育成が旺盛な時期は、心配ないですが、中旬以降、害虫等に注意が必要。

スジキリヨトウ・シバツトガ・タマナヤガ・シバオサゾウムシ・ヒメコガネ・ドウガネブイブイなどの害虫発生の可能性あり。

■ 8月の芝生のお手入れ 

■ 10月の芝生のお手入れ

スポンサーリンク
おすすめの記事